会員向け“do通信”より転載

新年度がスタートしました。それに合わせてというわけでもないのですが、先日、教室のゴミ箱を修理しました。数年前に蓋を開閉するバネが壊れて以来、押しボタンを押しても蓋が上がらず、手で開ける状態が続いていたのですが、時間があるうち(例年、この時期は受験生が卒業して生徒数が減り、授業以外の時間が多くとれるのです)に修理をしようと動き出しました。 (*追記:新規生徒、絶賛募集中です!)

まずは、ネットで「ゴミ箱 蓋 修理」と検索をかけてみたところ、同じようなゴミ箱の修理をしたことがある人がブログに情報をまとめてくれていたので、それを参考にしました。ここで、目的のバネはトーションバネという名前で、ホームセンターで購入可能なことを学び、早速、ホームセンターに足を運びました。

しかし、広い店内でバネの売り場がわからず、近くにいたアルバイトらしきスタッフの方に声をかけ、売り場を訊くと、ポケットからマニュアルを出し、バネ売り場は…と探し出して教えていただけました。

売り場に到着すると、数種類あるバネの中に、目的のバネと似たようなものがあり、本当にこんなものまで売っているのか、ホームセンターの品揃えはすごいな~と感心しながらバネを購入し、教室へと向かいました。

教室に着き、早速修理に取り掛かりました。ペンチで長さを調節してバネを取り付け、ボタンを押してみると…、

 

蓋は閉じたまま開かず!

どうやら、バネの力が弱く、蓋の重みに負けているようでした。残念。そこで翌日、またホームセンターに行き、より強力なものを探して購入してきました。こちらもその日のうちに試してみたところ…、

 

 

何とこれもダメ!!

2度目の失敗でテンションもダダ下がりです。計500円が無駄になってしまいました…。

 

どうしたものかと思い、「トーションバネ」で再びネット検索。すると、バネを専門に扱う通販サイトがヒットしました。商品ラインナップを見てみると、本当にものすごい品揃えで、ホームセンターでは5~6種しかなかったものが何と324種も!

この中から、サイズや強度が合いそうなものを選び、購入。二日後、教室に届いたものを取り付けてみると…、

蓋は勢いよくパカッと開いてくれました! ミッション成功です!!

と、話の前置きが長くなり、本題が紙面に入らなくなってしまったので、続きの話は予備校doのブログ記事にさせていただきます。ブログは、当校のWEBサイトにアクセスしていただき、「doを深く知る」という項目からアクセスできるようになっています。お手数ですが、お読みいただければ幸いです。

(続きはwebで…のパターンになってしまい申し訳ないです。普段テレビを見ていて、え~、続きはwebなの~、って自分が思っているのに。今後このパターンは多用しませんのでご容赦願います。)

以下,続きの話

ホームセンターは品揃え豊富で、普段の生活で必要なものは何でも取りそろえてあるように見えます。しかし、ひとつひとつの商品の世界を見てみると、実は多数あるもののうちの、売れ筋の一部のものを扱っているにすぎなかったのです。

一方、バネ専門店は、バネ以外が欲しいときには全く役に立ちませんが、バネに関しては、サイズや強度を細かく細分化し多種多様なバネを扱っているので、どんな注文にも答えてくれます。(既製品が無い場合は特注も可能なようです。)

今回、教室のゴミ箱の修理を通して、ホームセンターとバネの専門店の関係は、一般的な大手個別指導塾と予備校doの関係に似ていると思ったのです。

一般的な個別指導塾は生徒対象を絞らず、小学生~高校生あるいは浪人生まで幅広く、すべての学年を対象に指導を提供しています。何となく成績を上げたい(上げさせたい)とか、勉強しない(させない)よりした(させた)方がいいというなら、一般的な個別指導塾でも十分かもしれません。

これに対し、予備校doは原則として現役高校生を対象(※中高一貫校の中学生は対象)に、大学受験合格に焦点を絞って指導を提供しています。中には、中学生(をもつ保護者の方)や浪人生から入塾させてもらえないか、と問い合わせを頂くこともありますが、その場合は正直に、現役高校生の大学受験指導を専門としているがそれでも良ければ、と確認した上で入塾を決めてもらっています。

 

予備校doは大学受験専門の予備校として、開校して12年目を迎えました。講師たちはそれ以前に勤めていた学習塾の指導時から高校生を対象に指導を行ってきているので、大学受験指導歴はもうすぐ20年を迎えます。

その間には、難関国立大学を目指す生徒もいれば、一般入試では厳しいので、なんとか学校の成績を維持して推薦で合格を決めたいという生徒もみてきました。大学や学部ごとの出題傾向や入試を取り巻く動向の変化にも常にアンテナを張り、最適な指導が提供できるよう研鑽を積んでいます。

小学生や中学生の指導については正直、過去に数人しか指導経験が無いので、手探りをしながらの指導になってしまいますが、大学受験を目指す高校生の指導であれば、どんな学力の生徒でも、どんな志望レベルの生徒でも指導をする自信があります。

自分で学習をする意欲があり、志望大学や志望の方向が明確ならば、大学受験専門の個別指導塾、予備校doにお任せください。ひとりひとりに最適な学習プランを設計して、無駄のない指導を提供致します。