授業中、メモをとる。

授業の受け方の基本ですね。

ひと口にメモをとると言っても、黒板に書かれた内容だけをそのまま何も考えずに全部ノートに書き写すというレベルから、書かれた説明だけでなく口頭での説明も含めて、自分に必要な情報を選んで、あとで復習に使うという明確な意識をもってノートを作るというレベルまで、いろいろあります。

なかには、授業中ぜんぜんメモをとらないという生徒もいます。

普通の塾であれば、そういった生徒には「メモをとりなさい」「ノートに写しなさい」という指導がすぐさま飛んでいくのでしょうが、予備校doでのノート指導はそれほど単純ではありません。

当然ですが、メモをとることは手段であって、目標ではありません。ここを指導者側が勘違いすると、授業ノート提出とそれによる成績評価という悪夢のような制度が生まれます。復習に使うためにノートを作っているのに、提出してしまったら復習ができないわけですから。

メモをとることは手段です。「ノートをとればそれでいい」わけではありませんし、「ノートをとっていない=勉強していない」でもありません。

メモをとらない生徒に対して「メモをとりなさい」と言ってメモをとらせることは簡単です。ですが、その生徒は何のためにメモをとるのか理解しているのでしょうか。そのノートを使って復習することがあるでしょうか。

メモをとっておくことが勉強にとって有効だということの実感なしにメモをとらせても空虚なだけです。

その実感をうむための仕掛けをいろいろと用意していく(この「いろいろ」の詳細は省きます(大変すぎるので))のが予備校doでのノート指導であり、それは通常のノート指導の範疇を超えた、指導全体に関わるものになっています。