もう10月になろうとしています。この時期、3年生は「出願校」を決めるための準備を始めます。「志望校」はもちろんずっと前に決まっていますが、いわゆる「おさえ」も含めて、どの大学・学部のどの日程の試験を受けるか、を決めていく必要があります。

そうなると当然、「どこをおさえにするか」が問題になります。どの大学なら安全だと言えるのか。これはかなり難しい問題です。

まず、「100%合格する」と言える大学はありません。普段なら合格するであろう大学でも、試験中に座っていられないほど体調が悪くなる可能性もあります。

そういった場合を除いても、出願校を決めるのはなかなか難しいことです。予備校doでは、模試での判定という客観的なデータに加え、日々のターゲットテストやスパイラルテストの得点などを根拠に、出願校についてアドバイスをしていきます。

偏差値、科目ごとの配点、倍率、試験日程を考慮し、さらに合格発表日や入学手続き締切日を考えたうえに、共通テストの得点しだいで出願する大学が変わることもあります。

インターネットが発達して試験情報を入手することが容易になったとはいえ、それ以上に大学入試制度が複雑化してしまっているため、昔よりも「出願校を決める」作業は困難なものになっていると言えるでしょう。受験生は勉強を休むことはできませんから、勉強をしつつ、この困難な作業もしていかねばなりません。そして何より「どの大学を受けるか」の最終的な決定を下すのは、生徒本人(と保護者)です。重要事項を決定することは精神的にかなり疲れるものですので、受験生はこれからが本当に大変です。

私たちは相談にのったり、作業の手伝いをしたり、ときには決断を促したり、そういった形で出願校を決めるサポートをしていきます。