予備校doは少数のスタッフで運営しています。少人数で土日祝日含めて毎日開校している(夏期講習中は毎日10時から22時まで開校しています)ので、はっきり言ってけっこう大変です。飲食店などなら、店を開けておいてお客さんが入ってくれば売上が増えるわけで、店側にもメリットがありますが、doは定額通い放題ですから、開校日を増やしても売上は増えません(それどころか光熱費などでコストが増えるばかりです)

しかし、生徒からの需要がある限りそれに応えたいという気持ちで、何とか毎日開校しています。

このあたりは、塾によっていろいろな考え方があるところです。無理せず土日は休みという塾もありますし、日曜日は早い時間で終わりにするという塾もあります。doは毎日開校しているから素晴らしい、と言いたいわけではありません。

ただ、塾・予備校を選ぶにあたって、開校日と開校時間というのはけっこう重要な要因になるのではないかなぁと思うのです。ただ授業を受けるのみなら授業の日だけ気にすればよいですが、自習・質問を重視するのであれば、開校日と開校時間はあからじめ確認しておくべきです(自習室で勉強したいと思ったのに開いてなかったらがっくりしてしまうでしょう?)

なぜこの話をしているかと言いますと、最近電車の中でどこかの高校生が「うちの塾、日曜は自習室あけてくれないんだよねー」と愚痴っているのを耳にしたからです。「いや、それは初めから分かっていたのでは?」と心の中でツッコミつつ、「案外そこを気にせず塾を選ぶものなのかなぁ」と思ったのでした。