先日、今年度の卒業生を送り出す卒業パーティを催しました。教室でちょっとした余興を楽しんでもらい、メッセージを送る程度ですが、このパーティを迎える心境というのは、毎年様々な感情が入り混じったものになります。

まず寂しさ。在籍期間は人それぞれで、在籍わずか数か月の生徒もいますが、2年以上通ってくれた生徒もいます。とくに受験直前期には、毎日のように教室で顔をあわせていたので、そういう生徒と会うことがほとんどなくなると思うと、どうしても寂しくなります。

次に嬉しさ。苦しい勉強を一緒に乗り越えて志望校へと進学を決めた生徒が、大学に行ったらこういう勉強をしたい、こういうことをやりたい、と話してくれるのを聞くのは、やはり嬉しいものです。

そして悔しさ。毎年全員が第一志望合格というわけにはなかなかいきません。望み通りの大学に進学する生徒もいれば、そうでない生徒もいます。全員が第一志望合格でない限り、毎年この悔しさとは向き合うことになります。

志望校に合格した生徒もそうでない生徒も「大学がゴールではない」ということは肝に銘じてほしいと思います。これからどう過ごしていくのか。それが大事です。やりたいことがすでに明確な人はそれに向かって全力で進んでほしい。そうでない人には、自分の人生をかけるだけの価値があると思えるものに出会ってほしい。そういう思いです。