前回は「基礎の重要性に気付くのは、基礎が身についてから」というお話をしました。
基礎が分かっている人と分かっていない人との間には、基礎の重要性についての認識の溝が存在します。

しかし、それを跳び越えるのは簡単です。「指導者をとりあえず信じる」だけでよいのです。

「信じるだけでいい」とか言うと何か怪しく感じられますが、別に「とにかくオレのことを信じろ!」という話をしたいのではありません。どのような分野でも、初心者のうちは指導者の示すことをとりあえず信じることが上達への最短ルートになる、という一般論を話したいのです。

伸び悩む生徒は、基礎的事項を学んでいるときに「こんなに簡単なことが重要なわけがない(からある程度できればよい)」「こんなに難しいことが基礎なわけない(からできなくてもいい)」といった反応を見せます。前者には、「簡単に思えるだろうけど、重要なので、100%正確に、しかも素早くできるように訓練しなきゃだめだ」と教えなければいけません。後者には、「難しく思えるだろうけど、これができなければ今後すべてができるようにならないので、しっかりとできるようにしていこう」という指導のしかたになります。

指導する立場からすると、対処に苦労するのは前者のタイプです。彼らは「ある程度わかった」という段階ですぐに次に進もうとしてしまいます。こちらが「いや、ここは100%できないとダメだから」と言っても、それを信じてくれません。基礎が曖昧なまま次に進み、単純な問題のうちはなんとなく正解できていても、複雑な問題になるとだんだんと理解できなくなり、「この分野、苦手なんです」とか言い出します。私たちからすれば、「そこが理解できないのは、もっと基礎の部分が曖昧だからなんだけどね…」と思いますし、実際にそう伝えるのですが、前回もお話しした通り、基礎の重要性を分かっていない人に理屈でいくら重要だと言っても意味がありません。これは理解するものではなく、信じるものなのです。

「とりあえず信じる」というのは上達のための技術です。学力が伸びやすい生徒をみると、皆この技術を持っています。彼らは決して指導者を盲目的に信じるわけではありません。とりあえず信じてみてそれに従って学びつつ、しかし自分でもいま学んでいるものの意味を考えます。学びつつ考えるなかで、その重要性を実感するタイミングが来ます。その時こそ、学力が飛躍的に向上するチャンスです。成績が良い生徒、とくに英語・数学・国語が得意な生徒は、「ああ、これが分かればいろんな問題が解けるじゃん!」という瞬間を何度か経験しているはずです。

私は授業の中で「君は基礎からできていない」「これは基礎だから絶対にできなきゃダメ」「これは基礎なのでここが曖昧ってのはかなりまずい」ということを、かなりはっきり伝えます。心にグサッと刺さることもあるでしょうが、そこを真摯に受け止めて、その弱点を克服することを意識できた生徒は必ず伸びています。そういう生徒は、べつに私のことを全面的に信じていたわけではなく、言っていることをとりあえず信じてくれたのでしょう。とりあえず信じて、重要だと言われたことを徹底的にやってみる。それが大切です。